コンテンツ

知っててソンなし!サーフィン用語

アウトサイド:沖合いの波が割れるエリア。

インサイド:岸側の白波エリア。

オフショア:岸から海に向かって吹く風。

オンショア:海から岸に向かって吹く風。

カール:波の先端で波が巻く事。

風波:沖合いからのうねりでは無く風の影響で立つ波の事。

カレント:潮流の事。

グーフィーブレイク:岸から見て右側へ崩れていく波の事。

グラッシー:波面がツルツルで鏡のような状態。

グランドスウェル:大型のウネリ。

クローズアウト:波のサイズが大き過ぎてサーフィン出来ない状態。

サイドショア:横方向から吹く風。

サーフスポット:いい波の立つ場所。

三角波:岸から見て波のピークからレギュラー、グーフィー両方へに綺麗に割れる事。

潮周り:1日の干満の動きの事。

シークレットポイント:あまり知られていないサーフポイント。

ジャンク:風が強く波がぐちゃぐちゃの状態。

シャロー:浅瀬の事。

ショアブレイク:波打ち際で崩れる波の事。

ショルダー:波の切れ目の面の部分。

スープ:波が崩れた後に出来る白い泡の部分。

スウェル:うねりの事。

スプレー:ターンした時に出る水しぶき。

セット:周期的に入ってくるウネリの事。

タイド:潮の事

タイドテーブル:潮汐表

タルタル:波がボヨボヨして乗りにくい波の事。

ダンパー:横一線に一気に崩れる波の事。

トップ:波の上の部分

チューブ:波が巻いている状態

チョッピー:風の影響で波面がザワついている事。

ハイタイド:満潮のこと

バレル:チューブと同じ。

バックウォッシュ:沖に戻る波が岸に向かう波と衝突して出来る水しぶき。

ピーク:波が崩れる一番高いところ。

ビーチブレイク:海底が砂の場所で波が立つ。

フェイス:波の斜面も事。

フラット:穏やかで波が全然無い状態。

ポイントブレイク:決まった場所に波が立つ。(水底がリーフなどのエリアに多い)

ボトム:波の1番下の面の事。

掘れる波:波の斜面が切り立ってチューブになる状態。

ホロウ:空洞、チューブの空間。

マッシー:斜面が穏やかで、だらだらと厚い波。

マニューバ:ボードが進むときに出来る軌跡。

メロウ:ゆっくりと、やって来るパワーの無い波の事。

面ツル:波のフェイスが整っている状態で、無風又はオフショア時に多い。

ライト:岸から見て左側

ラインナップ:セットが何本も入ってきて海面に線が入る状態。

リーフ:さんご礁、岩場の海底。

リーフブレイク:さんご礁、岩場で波が立つエリア。

リップ:波の崩れそうな先端部。

リップカレント:岸から沖に向かっての流れ。

レギュラーブレイク:岸から見て左側に崩れていく波の事。

レフト:岸から見て右側

ロータイド:干潮

テクニック

アイランドプルアウト:波の内側でプルアウトする。

アップスン:波の斜面をアップ&ダウンする技。

エアリアル:波を飛び出て空中での技。

オフザトップ:ボトムターンからトップへ向かい鋭いターンを繰り返す技。

オフザリップ:波のリップにボードを当て込んでターンするテクニック。

カットバック:進みすぎたボードを波の崩れる位置に戻す技。

ゲッティングアウト:パドリングして沖に出る事。

刺し乗り:パドルせずに、水中へボードを沈ませ、その推進力で波に乗る技。

スリーシックスティー:ボードを横方向に360℃回転させる技。

ストール:ライディング中、ボードにブレーキをかけ減速させる事。

スイッチスタンス:サーフィンしながら、レギュラー、グーフィーとスタンスを変える技。

チューブライディング:チューブの中に入る事

テイクオフ:波をキャッチしてボードの上に立つ事。

トップターン:波の上の部分でするターンの事。

ドルフィンスルー:波の下に潜って来る波をかわす、沖へ出るときの技。

バックサイド:波を背にして乗るスタイル。

パンピング:ボードを足でパタパタ踏み込んで厚い波のセクションをクリアする動作。

パドリング:ボードの上で水泳のクロールのようなスタイルで水をかいて進む動作。

パドルアウト:沖に向かって漕ぐ事。

フェードターン:波の崩れる方向と逆にテイクオフして、立ったら通常の方向へ進む技。

プルアウト:乗っている波から意図的におりる事。

フローター:スープに乗り上げるテクニック。

ボトムターン:波の1番低い位置でターンする事。

ライディング:波に乗っている事。

ラウンドハウスカットバック:大きなカーブを描くダイナミックなカットバックの事。

リーニングターン:体全体を少しずつレールに傾けて行うターン。

リッピング:崩れていく波のリップにボードをあてて返す技。

レイトテイクオフ:波が崩れ始めてからテイクオフする事。

ローラーコースター:波が崩れたスープの上に乗り上げるテクニック。

ローリングスルー:沖に出る時、ボードをひっくり返して、波をやり過ごす技。

ロングライディング:長く波に乗る事。

アイテム

スプリング:半そで、半ズボンタイプのウェットスーツ

ショートジョン:ノースリーブの半ズボンタイプのウェットスーツ。

シーガル:半そで、長ズボンタイプのウェットスーツ。

ショートボード:6.11までの短いボードの事。

タッパ:上着型のウェットスーツ。

テール:ボードの後端部

テールロッカー:テールの反り

デッキ:ボードの表面のこと

デッキパッチ:ボードの表面に貼るスポンジ状の滑り止め。

ニットケース:ニット製のボードケース。

ノーズ:ボードの先端部。

ハードケース:ビニール素材で出来た丈夫なボードケース。

ハードレール:ボトム面との角が鋭角なレールの形状

ファンボード:長さが7ftから8.11までのボード。

フィン:ボードのボトムに付いている方向舵で小さいもの。

フィッシュテール:ボードの後端部が2つに分かれている形をしたデザイン。

フルスーツ:長袖、長ズボンタイプのウェットスーツ。

ボディーボード:短いウレタン性のボードで腹這いになって波に乗るもの。

ラッシュガード:擦れや日焼けから体を守る薄手のウェアー。

リーシュコード:ボードと足を繋ぐ流れ止め(パワーコードとも言う)

レール:ボードの両サイドの部分。

ロッカー:ボードの反り具合。

ロングボード:長さが9ft以上のボード。

ワックス:ボードに塗る滑り止め。

その他

丘サーファー:サーフィンしないのにサーファーの真似をする人。

グーフィースタンス:ボードに乗った時、右足が前に来るスタンス。

サーファーズイアー:寒いところでサーフィンしていると冷たい水が外耳道に入って来る刺激により骨が増殖し外耳道が狭くなるサーファーに多い耳の病気。

サーフトリップ:波の良いポイントにサーフィン旅行する。

シェイパー:サーフボードを作る職人。

チョットバック:カットバックの未完成技。

パーリング:テイクオフ時、波に乗れずにこける事。

ボディーサーフィン:ボードを使わずに体だけで波乗りする事。

前乗り:すでに波に乗っている人が居るのに前から乗ろうとする行為。

リペア:修理する事。

レギュラースタンス:ボードに乗った時、左足が前に来るスタンス。

ローカル:地元民

ローカルサーファー:地元に住むサーファー。

ワイプアウト:波に乗っている途中でこけてしまう事。

お問い合わせはこちらから

ページトップへ