コンテンツ

プーケット情報

プーケット概要

南国に輝く太陽とエメラルドグリーンの海が広がるプーケット島は、アンダマン海に浮かぶタイ最大のリゾートアイランド。
島の大きさは『シンガポール』日本国内では兵庫県の『淡路島』とほぼ同じ

季節:11月から4月が乾季のハイシーズン、5月から10月までが雨季のローシーズン。
乾季は晴天が続き、海も穏やかなのでダイバーにとってはベストシーズンとなります。憧れのシミラン諸島でのダイビングもハイシーズン限定で楽しめます。
ビーチはバカンスを楽しむ観光客で賑わい、街にも活気があふれています。雨季は乾季に比べ雨が降る日が多くなるものの、スコール程度で1日中降り続くことは少なく、
気温も暑すぎず過ごしやすい日が続きます。この時期はホテルの料金が下がるため、比較的安く滞在できるので狙い目。
また、日本ではなかなか食べられないマンゴスチンやランブータンなどの果物が旬を抑えるのもこの時期です。

パトンビーチ:島内で最も賑やかで活気のあるパトン地区。
ホテルやゲストハウスが数多く立ち並びコンビニ・両替所は至る所にあるので何かと便利です。
露店の土産物屋やレストランも夜遅くまで営業。ディスコやバーなどの夜遊びスポットも充実しているので、夜も活動的に過ごしたい方には人気のエリアです。

両替所:街の至る所に両替所があります。レートはだいたいどこでも同じですが、ホテル内での両替は手数料などがかかる為、若干悪くなります。もし現金足りなくなった場合クレジットカードがあればATMでキャッシングも可能。

チップ:基本的に習慣はありませんが、例えばホテルで荷物を運んでもらった時や用事を頼む時に、ベッドメーキングをしてもらう際には20バーツ(約60円)程度のチップを渡すようにしましょう。
他にもマッサージ店やレストランで気持ちよく時間を過ごせた時にはチップをあげると喜ばれます。

インターネットカフェ:両替所と同様、街の至る所にあります。もちろん日本語が打てる店がほとんど。料金の方は店によって若干異なりはありますが、だいたい1分1バーツ。1時間で60バーツ(約180円)。時間があればちょっと立ち寄って日本の家族や友人にメールを送ってみてはいかがでしょうか。

病院病院:プーケットタウンにあるバンコクプーケット病院には日本人通訳の方が常駐しているので、万が一の場合でも安心して治療が受けられます。(海外旅行傷害保険対応)
バンコクプーケット病院 TEL : (076)254-421~9


病院ロゴ

飲み水:水道水は飲めません。スーパーなどで販売してるミネラルウォーターや、ボイリングウォーターを飲用しましょう。

服装:ホテルやレストラン、施設の建物内や移動する乗り物内では冷房が効き過ぎていることが多いので、薄手の羽織るものがあると重宝します。

持ち物:夜の屋外では、蚊が多かったりするので、虫除けスプレー・かゆみ止めの薬を持参しているとよいでしょう。
又、なれない国では体調を崩しやすいものです。お腹をこわした時の為に整腸薬なども準備していると安心ですね。日焼け止めクリームは要必需品ですが、街中でも手に入ります。

電話のかけ方

日本からプーケット:国際認識番号+66(国番号)+76(0をとった市外局番)+電話番号

プーケットから日本:国際認識番号+81(国番号)+(0をとった市外局番)+電話番号

例:日本から076-284176にダイヤルする場合
001-(66)-76-284176
※プーケットから日本へかける場合は国番号が(81)になります。

郵便局

【パトンビーチ】

ビーチロードと、山側の通りの2ヶ所。日本へポストカードを送る場合1枚16バーツ(日本円で 円)
営業時間:平日月~金8:30~16:00 土曜日8:30~11:30
休日:日曜、祝日

ページトップへ