menu

常夏屋LINE
常夏屋LINE QRコード
ID:tokonatsuya
ラインからも気軽にお問い合わせください。

コンテンツ

知ってる人が得をするタイのお役立ち情報

宿泊エリア

ホテルイメージ

サーフィンメインで訪れるならカタビーチ周辺。
サーフィン以外にもショッピングやナイトライフを楽しみたい方にはパトンビーチがベスト。

格安ホテル情報はこちら

ポイントまでのアクセス

タクシー又はトゥクトゥクでの移動が一般的。

  • パトン~カタ
    タクシー又はトゥクトゥクで約20分 片道:450~500バーツ(日本円で円)
    行き先:カタビーチリゾート
  • パトン~カロン
    タクシー又はトゥクトゥクで約15分 片道:350~400バーツ(日本円で円)
    行き先:ホテルオンザビーチorカロンサークル
  • パトン~カリム
    タクシー又はトゥクトゥクで約5分 片道:200~250バーツ(日本円で円)
    行き先:カリムビーチ
  • カタ~カロン
    タクシー又はトゥクトゥクで約5分 片道:250~300バーツ(日本円で円)
    ソンテウ(乗り合いバス)1人片道35バーツ(日本円で円)
    行き先:ホテルオンザビーチorカロンサークル
  • カタ~ナイヤン
    タクシー又はトゥクトゥクで約80分 片道:1500~2000バーツ(日本円で円)
    行き先:カリムビーチ
  • 島内サーフトリップはこちら

レンタルボード店と料金

サーフボードはレンタルもやってます。

ロング、ショート、BB多数あり。
料金 1日
サーフボード:600バーツ(リーシュ、フィン込み)(日本円で 円)

ボディボード:500バーツ(リーシュ、フィン込み)(日本円で円)

☆日本から事前予約OK。ご希望の時間にホテルまでお届け。
レンタルボード店はこちら ←


イベント

毎週火曜、金曜はカタビーチ側のレストランバー【The tube】でBBQパーティーを開催しています。料金は食べ放題150B。皆でわいわい騒ぎましょう。

コンテスト

コンテストにでて仲間とすばらしい時間を共有しよう 毎年9月の大潮時に合わせてサーフィンコンテストが開催されています。
出場選手はタイのローカルをはじめ、日本や欧米からも多数エントリー総勢100人以上のサーファー達により、毎年熱戦が繰り広げられています。

コンテスト詳細


サーフボード販売

ショートボード:16000バーツ~22000バーツ(日本円で円)
ロングボード: 25000バーツ~32000バーツ(日本円で円)
取り扱いブランド(NSP、QUIKSILVER、WEBBER、AL MERRICKなど)
詳しくはスタッフまでお問い合わせ下さい。

機内ボード・チャージ

シンガポール航空 チャージなし
20キロの制限内であれば無料。
Tel:03-3213-3431
日本航空 チャージあり
航空会社へご確認下さい。
Tel:0120-25-5931
全日空 チャージあり
航空会社へご確認下さい。
Tel:0120-029-333
チャイナエアライン チャージなし
20キロの制限内であれば無料。
Tel:03-5520-0330
エアーインディア チャージあり
航空会社へご確認下さい。
Tel:03-3214-7631
ビーマンバングラディシュ航空 チャージあり
航空会社へご確認下さい。
Tel:03-3502-7922
タイ航空 チャージあり
航空会社へご確認下さい
Tel:03-3593-0521
ノースウエスト航空 チャージあり
航空会社へご確認下さい
Tel:0120-120-747


サーフィンのお役立ち情報ページ

プーケットの早朝は絶好のサーフィン満喫タイム
☆お勧めのサーフタイム

プーケットは夜のエンターテイメントも充実しているせいか、
朝寝坊サーファーが多いのでお昼頃までは、どのポイントも(面ツルで波の良い時でも)
ほぼ貸しきり状態です。『ガラガラ』の『スキスキ』サーフィンを満喫するには早朝からお昼頃までが狙い目。
午後~夕方にかけてはローカルや欧米人サーファーなども増えてくるので上手く時間調整して入水するとベスト。

<よく聞く日本人サーファー達のアイランドライフ>
  • ☆早朝から入水し午前2ラウンド。(午後からはショッピングや島内を満喫)
  • ☆午前1ラウンド、午後1ラウンド。(日中はビーチでのんびりor島内を満喫or昼寝)
  • ※もちろん夜は、プーケットのナイトライフを満喫。

お問い合わせはこちらから

ページトップへ