プーケットダイビング情報

カレンダー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリー

ビーチで体験ダイブ

3月 3rd, 2024

大阪からお越しのH様、K様、体験ダイビングにご参加いただきました。
プーケットはダイビングベストシーズンでビーチもコンディション最高でした。

本日はお疲れさまでした

 

お問い合わせ
Line id  tokonatsuya
メールtokonatsuya@gmail.com
お電話0872823724(立花)

インスタグラム


常夏屋ご利用のお客様へ
カタビーチ、パトンビーチ手作りマップご提供
レートの良い両替所、レストラン、マッサージ等の知りたい情報が盛りだくさん

チャータートリップ2日目

3月 2nd, 2024

本日チャーター2日目沈潜、シャークへ行ってきました。

ダイブ1 ドクマイ島
ダイブ2 キングクルーザー
ダイブ3 シャークポイント

ダイブ1では、ウミウシや隙間に潜むエビやパイプフィッシュ探しを楽しむウォールダイブ!

ダイブ2は、80m級の本格的な沈船ダイブ!とにかく群れ!群れ!群れ~!!プーケット随一の魚群を満喫してもらいました。
ラストダイブでは、「会えたらいいな」のトラフザメが登場!優雅な泳ぎを見せてくれました。浅場のカラフルなソフトコーラルも、しっかりと写真に収めてもらいました。

2日間大変お疲れさまでした。
来年も楽しみにお待ちしております。

お問い合わせ
Line id  tokonatsuya
メールtokonatsuya@gmail.com
お電話0872823724(立花)

インスタグラム


常夏屋ご利用のお客様へ
カタビーチ、パトンビーチ手作りマップご提供
レートの良い両替所、レストラン、マッサージ等の知りたい情報が盛りだくさん

チャータートリップ1日目

3月 1st, 2024

ダイブインブルーの皆様と2日間のチャタートリップに行ってきました!

1日目
ダイブ1 ラチャヤイ島 バンガローベイ
ダイブ2 ラチャノイ島 カメラベイ
ダイブ3 ラチャヤイ島 ベイ1

ダイブ1では、チェックダイブを兼ねて穏やかな湾内へ。ハードコーラルがとてもキレイ!さらにフタホシフエダイの群れが賑やかにしてくれました。

ダイブ2では、大きな岩がゴロゴロとあり、ウミウチワなどのソフトコーラルがキレイ!岩にいるウミウシ探しなどをして楽しみました。

ダイブ3は、沈船ダイブ!1つの沈船にはスカシテンジクダイが、もう1つの沈船にはキンセンフエダイが、たっくさん住み着いていました。

明日は沈潜、シャーク方面へ

お問い合わせ
Line id  tokonatsuya
メールtokonatsuya@gmail.com
お電話0872823724(立花)

インスタグラム


常夏屋ご利用のお客様へ
カタビーチ、パトンビーチ手作りマップご提供
レートの良い両替所、レストラン、マッサージ等の知りたい情報が盛りだくさん

沈潜シャーク3ダイブ

3月 1st, 2024

K様とキングクルーザー方面へ!
ハイシーズンには珍しいほどの高波でポイント変更となってしまいました。

ダイブ1 マイトン島
ダイブ2、3 ドクマイ島

ダイブ1は、私も未知の世界だったエリアだったのでウキウキ探索。
水深10m程度でハマサンゴが広がっていました。
所々にソフトコーラルやテーブルサンゴも!
可愛い人気者のカクレクマノミもいましたよ。

ダイブ2、3では、ドクマイ島の西側を堪能しました。
透明度も良く、さらに太陽が差し込んで明るくきれいでした。
魚影も濃い!キンセンフエダイの大群にテルメアジの大群。
降り注ぐフュージュラー達にバラクーダの大群!

可愛らしい子たちもいましたよ!
バディになってくれたコバンザメやカイメンから顔を出したサビウツボ。

キングクルーザーには行けませんでしたが、
お天気はとっても良く、K様も大満足していただけたようです。

お問い合わせ
Line id  tokonatsuya
メールtokonatsuya@gmail.com
お電話0872823724(立花)

インスタグラム

 

ラチャヤイ島2ダイブ

3月 1st, 2024

K様とラチャヤイ島2ダイブへ行ってきました!
少し波が高く、西側の穏やかなポイントとなりました。

ダイブ1 バンガローベイ サウス
ダイブ2 バンガローベイ ノース

ダイブ1は、ブロックとサンゴ礁がメインの南側。
サンゴから飛び出しているインディアンダッシラス。
穴からひょっこりと顔を出しているドクウツボ。
K様が大好きなフグにも会えました。
キラキラなスカシテンジクダイも健在でした。

ダイブ2は、砂地を横切って北側へ。
あちこちにヤッコエイが隠れていました。
サンゴエリアでは、固有種のコラーレバタフライフィッシュが群れていました。
名物のフタホシフエダイの大群も囲まれました。

想像以上に透明度がよく、のんびりと楽しめました。

お問い合わせ
Line id  tokonatsuya
メールtokonatsuya@gmail.com
お電話0872823724(立花)

インスタグラム

 

次ページへ »

最近の投稿

最近のコメント

過去ログ

2008年~2009年2月までのブログはこちら